会社沿革
ライン
ホームページ
昭和22年
  • 昭和21年より、創業者 小林恒利が高性能な、魔法瓶の製造開発の研究に着手し、個人企業として豊島真空工業所を創立
昭和26年
  • 株式会社豊島科学研究所設立、魔法瓶の工場生産開始
  • 保冷、保温コンテナー製造販売開始
昭和37年
  • 東洋科学株式会社設立
  • 旧 株式会社豊島科学研究所の資産および従業員を引き継ぎ、保温保冷容器   (魔法瓶のアイスクリーム運搬容器)の製造、販売を強化
  • 発泡ポリスチレン及びポリエチレン製品の製造、販売を開始
昭和38年
  • 資本金400万円に増資
昭和40年
  • 資本金4,400万円に増資
昭和43年
  • アイスクリーム用デコレーション容器 実用新案特許取得
昭和44年
  • 資本金4,500万円に増資
昭和47年
  • マーガリン容器 実用新案特許取得
昭和48年
  • 雪印乳業梶A三菱油化鰍ニマーガリン容器用の素材として、HFCを研究開発し射出・圧空成型用に応用
昭和54年
  • 関東工場改築竣工(成型工程の完全自動化・防災設備の自動システム化)
昭和53年
  • 研究所竣工、健康食品・民間薬(メグスリノキ茶等)製造、販売
昭和55年
  • 資本金1億円に増資
昭和58年
  • 射出成型品(マーガリン容器、密閉容器<パックテーナー>の製造、販売開始
昭和61年
  • 第2工場建築用地として、北茨城市中郷工業団地に5,100坪の工業用地を取得
昭和62年
  • 関東工場を増改築し、発泡生産設備および射出成型設備の全面更新、生産能力を強化
平成元年
  • TDK鰍謔閨A電波吸収体の製造を受託、生産開始
平成05年
  • 関東工場に倉庫用地を取得し、倉庫兼工場を増設
  • 豊島区に東洋科学調剤薬局を開設(平成14年閉鎖)
  • 新日鐵化学鰍ゥらの技術導入で郵政省業務用品「奨励ボックス」を共同製作し、郵政省に納入
  • 易開封システム包装「スパットパック」の製造、販売を開始
平成09年
  • 関東工場に完全自動化射出成型設備を増強
平成11年
  • 関東工場 ISO9002:1994 認証取得
平成13年
  • ティーエフ化成鰍フ株式を100%取得
  • 東洋成型鰍100%出費により設立
平成15年
  • 本社・関東工場 ISO9001:2000 認証取得
平成19年
  • 本社・関東工場 ISO14001:2004 認証取得
平成21年
  • 資本金9,800万円に減資
平成25年
  • 阿見事業所 設立
平成28年
  • 四国化工機グループ傘下に入る。
平成29年
  • 本社を古河に移転、東洋成型を吸収合併